トップページ > 使い道・実績 > 寄附金の使い道

寄附金の使い道

市では、平成20年度から「ふるさと”はまだ”に貢献したい、応援したい」という皆さんからの寄附金を受け付けています。
寄附金は、指定いただいた事業区分に応じて活用すると共に、「浜田市ふるさと応援基金」、「浜田城に関する資料館及び城山整備基金」、「浜田市地域振興基金」に積み立てています。
寄附金の使途は、次の5項目からご指定いただけます。

1 石見神楽等の伝統芸能の継承に関する事業

石見神楽・田囃子・和太鼓などの伝統文化の保全・伝承などに役立てます。

展示・実演用石見神楽衣装の整備

2 自然環境並びに歴史的及び文化的な資源の保全及び活用に関する事業

名木(大平桜、ブナ林)の保護育成、海岸(畳ヶ浦)や棚田の環境保全、歴史的遺構の保全活用などに役立てます。

自然環境並びに歴史的及び文化的な資源の保全及び活用に関する事業

3 高齢者福祉及び地域医療の充実に関する事業

中山間地域の公共交通の充実、安否確認(緊急通報体制)、安全安心なまちづくりなどに役立てます。

高齢者福祉及び地域医療の充実に関する事業

4 青少年の健全育成に関する事業

学校環境整備(学校改修、校庭芝生化、学校支援員の充実)、大学を核としたまちづくり事業、ふるさと教育に役立てます。

小中学校 学校図書購入

5 その他目的達成のために市長が必要と認める事業

上記の政策メニュー以外の事業に役立てて欲しい、または使途を市長へ一任する場合にご選択ください。

寄附のお申込みはこちらから